ギンバイカ:老化を遅らせてハリのある肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

英語で「マートル」、フランス語では「ミルト」と呼ばれるギンバイカ。

白いレースのような花は爽やかな甘い香りで、古代ギリシャ・ローマでは、愛と美のシンボルとされ、いまでも結婚のブーケで用いられています。

伝説では、アダムが地上にもたらした3つの植物うちのひとつ、最初の花がギンバイカだったといわれています。
ちなみに、あとの2つは、食糧となる小麦の穂と、果物となるデーツ

ギンバイカの葉は消毒および収斂作用で知られ、古代エジプトから、医薬品や化粧品として用いられていました。

千一夜物語にも、ギンバイカは登場します。

咳を抑える働きがあり、ギンバイカ、セージタイムなどの葉を煎じて、うがい薬としても使われます。

ギンバイカの美容効果は、中世時代にすでに知られていたといいます。
当時、ギンバイカの赤い枝と白い花から作られた、フレッシュな香りのローション「天使の水」は、肌を引き締め、老化を防止する化粧品として人気だったそうです。


学名:Myrtus communis
科名:フトモモ科
使用部位:全草
開花時期:5月~7月
収穫時期:開花中


特徴
白い花と艶やかな濃い緑の葉をした常緑樹で、黒い実をつけます。

原産と生息地
地中海沿岸が原産といわれ、チュニジアやモロッコ、トルコなどに生息します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク