ナツメグ:若々しいツヤ肌としなやか髪をキープ

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ナツメグの種子の仁から作られるスパイスは、すがすがしい軽やかな香りで、ハンバーグなどのひき肉料理によく使われます。

消化不良を改善し、歯痛、神経痛、リュウマチ、捻挫などの痛みを和らげるといわれています。

また、抗酸化作用があり、皮膚の老化を遅くする働きも。
殺菌力と収れん作用にすぐれ、肌を清らかにし、毛穴を引き締め、ニキビを軽減します。

ヘアケアにも適していて、髪を強く丈夫にするだけでなく、なめらかさをよみがえらせます。

ナツメグの精油は、男性用香水や、シャワージェル、デオドラントなどに使用されています。
さらに、精油を抽出した後の脂肪分は、石けんやポマード、ヘアクリームなどに利用されます。


学名:Myristica Fragrans
科名:ニクズク科
使用部位:仁、種の皮
開花時期:7年目からずっと
収穫時期:年に数回


特徴
ナツメグの木は、高さ8~10mになる樹木で、1年中、小枝に実と花をつける。葉は鮮やかな緑色の楕円形で、花は薄い黄色で房になって咲く。ナツメグは実の種の部分。

原産と生息地
インドネシアのモルッカ諸島が原産で、熱帯地方でよく育つ。ブラジルやアジアで好まれ、食用として大量に栽培されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク