ウチワサボテン:スキンケアにもダイエットにも

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ウチワサボテンは、オプンティア、スペイン語でノパルと呼ばれる、中央アメリカが原産のサボテン科の植物です。

乾燥した暑い土地ならどこでも育つサボテンで、地面の湿気を効果的に排出し、大気汚染を除去する働きもあるそうです。

スペイン人が地中海地方にもたらし、乾燥した気候によく適応するウチワサボテンは、地中海地方にまたたく間に広がりました。
16世紀ころに、アフリカ大陸にも輸入され、モロッコでもよくみられます。

ウチワサボテンは400種ほどあり、5メートルほどの高さまで育ちます。
ウチワに似た形状の平たい大きな葉状茎を持ち、その葉状茎はトゲておおわれていますが、トゲのない種類もあります。
葉状茎はとても繊維が多く、そこに水をためて、暑さと乾燥に耐えることができます。

花の色は、黄色、ピンク、紫と種類によりいろいろ。

実の色もオレンジや紫で、イチジクの形に似ていることから、フランス語でバーバリー・イチジク(野生イチジク)と呼ばれています。

ウチワサボテンはとても栄養豊かでエネルギー補給になり、果実を生のフルーツとして食べたり、または茎を野菜として用いるなど、中央アメリカの伝統料理に使われています。

甘くジューシーな果実は、そのまま食べたり、マーマレードやアルコール飲料として親しまれています。
メキシコには発酵サボテンジュース「Colonche」などもあるそうです。

黄色い葉状茎は、ビタミンやミネラルの他、リグナン、セルローズ、ヘミセルロースといったさまざまな不溶性食物繊維が豊富です。

また、ウチワサボテンの大部分を占める液汁や葉肉には、糖分と脂肪分をからめとる作用があるといわれています。

さらに、フラボノイドのなかでも活性酸素を取り除く働きが活発なケルセチンも豊富で、優れた抗酸化作用があります。

ウチワサボテンの果実は、下痢止めとして用いられることが多く、利尿作用でも知られています。

その昔、現在のメキシコの中央部に栄えたアステカの人々たちの間では、ウチワサボテンの薬効がよく知られていたそうです。
アステカでは、血糖値を下げる作用のあるウチワサボテンを糖尿病の治療薬にしていたといいます。
また、軟膏や湿布の形でリューマチに、液汁をそのままつけてやけどや傷を治すのに用いられていました。

現代医学でも、ウチワサボテンには数多くの薬効があることが証明されています。

満腹感を与え、脂肪を燃えやすくするという働きがあるといわれ、ダイエットや肥満予防する食材として関心が高まっています。

また、抗潰瘍作用、抗炎症作用、鎮痙作用があり、胃潰瘍および胃腸のトラブルを防ぐといわれています。

アルコール中毒の治療にも効果があるとの研究も実証されたそうです。

トリグリセリド(中性脂肪)および悪玉コレステロール(LDL)に関する研究も進行中とのこと。

ウチワサボテンの果実にはビタミンCが多く、銅、マグネシウム、カルシウム、鉄分、17のアミノ酸、ビタミンA・B1・B3も含んでいます。

美容効果も高く、シワたるみを防ぎ、肌の老化を遅らせ、弾力を取り戻してくれる働きがあるといわれています。

モロッコなど北アフリカにはウチワサボテンのビネガーもあり、この少し甘い酢は、脂肪を燃やしやすくし、ダイエット効果があるといわれています。
モロッコの女性たちは、この酢でマッサージをするそうです。

ウチワサボテン酢は、髪についた埃や大気汚染を落とし、輝きとツヤをよみがえらせるといわれ、ヘアケアにも利用されます。

ウチワサボテンの種から抽出したウチワサボテンオイルは、ベタつかず、スキンケアに最適です。


学名:Opuntia Mill
科名:サボテン科
使用部位:果実、茎


特徴
茎の縁で花が咲き、赤紫の果実をつける。

原産と生息地
中南米の熱帯地域が原産だが、中東のいたるところ、特にイスラエルで栽培されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク