パリエタリア:シミやソバカスを薄くして保湿も

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

パリエタリアは泌尿器系のトラブルに効能があるといわれる薬草。

スキンケアでは、保湿効果で知られる植物で、シミやソバカスを薄くする作用もあるといわれています。

生の葉をつぶした湿布は、傷ややけどのケアにすぐれています。

このパリエタリアの葉をすりつぶした湿布は、打撲や青あざを緩和する働きもあります。


学名:Parietaria officinalis L.
科名:イラクサ科
使用部位:全草
開花時期:6月~9月
収穫時期:開花中


特徴
パリエタリアは、繊維質の赤い根をもつ植物。茎は軟毛がはえた肉厚で、10~70㎝の長さのたくさんの茎が枝分かれして広がっている。根本と先端が細い楕円で披針型の葉は互生する。小さい花が、葉のわきに5つ房状に咲く。細長くツヤのある実をつける。

原産と生息地
ヨーロッパが原産で、フランスでもよくみかける。岩質の湿気の多い場所に育つ。

しみ・そばかすにパリエタリアのローション

パリエタリアは保湿効果で知られ、シミ・ソバカスを薄くするといわれています。

材料

パリエタリア … 15g
ミネラルウォーター … 250ml

作り方

  1. ミネラルウォーターを沸騰させます。
  2. パリエタリアを入れて、弱火で10分ほど煎じます。
  3. 火を止めて、冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。

使い方

洗顔後、この煎じ液を化粧水として使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク