ザクロ:幸運をもたらす赤い果実

ザクロは、アラブの世界で“女性らしさ”の象徴といわれています。

北アフリカの先住民ベルベルの間では、ザクロは幸福をもたらすと珍重されているそうです。

赤い果皮に包まれた、無数の透明な実は甘酸っぱく、ビタミンCやカリウムといったミネラルが豊富。

ザクロの薬効は、古代エジプトや古代ギリシャの医学書に記され、中国やインドでも昔から知られていました。

胃や心臓の病気に効果があり、ザクロは喉の渇きをいやし、消化を促進するといいます。

ザクロの樹皮を煎じたお茶は、下痢止めや虫下しとして用いられ、根は駆虫剤になります。

ザクロの種子には植物性エストロゲンが含まれ、更年期障害の症状を緩和するといわれています。

赤いザクロの果皮は、粘膜を温め、ふっくりさせる作用があることで知られ、唇に鮮やかな赤みを添えるための口紅として用いられています。


学名:Punica granatum
科名:ミソハギ科
使用部位:樹皮、根、果皮、果実、種子
開花時期:6月~7月
収穫時期:果実は9月~10月


特徴
高さが7メートルほどになる、落葉性の植物。日当りのいい場所で育つ。

原産と生息地
イランが原産といわれ、アジアからシリアを経てエジプトに伝わり、さらにギリシャやローマに広がったといわれている。

投稿記事下

シェアする