ウスベニツメクサ:シミやくすみのない透明肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ウスベニツメクサは、かわいらしいピンクの花をつける植物です。

薬草として知られ、利尿作用があり、膀胱炎や排尿障害といった泌尿器系の感染に有効です。
また、腎臓にできる結石の症状を改善するともいわれています。

スキンケアにも用いられ、シミやくすみを薄くし、透明感のある肌にする働きがあります。

ウスベニツメクサは、フェイスパックやローションなどの製品に配合されています。


学名:Arenaria rubra L.
科名:ナデシコ科
使用部位:全草


特徴
ウスベニツメクサは、長い繊維の根をもつ植物。丈は25㎝ほどで、茎はまっすぐ、もしくは広がっている。葉は非常に小さく、対照的に線状に並ぶ。単性花の赤い花は、5枚の花びらをもち、茎の先端に咲く。実をつける。

原産と生息地
南ヨーロッパ、アジア、オーストラリアでよく知られた植物。海岸近くの砂質で湿った岩地に育つ。

しみにウスベニツメクサ入りアルガンオイル

ウスベニツメクサはシミやくすみを解消し、透明感のある肌を作ります。
抗酸化作用の高いアルガンオイルも、シミやシワを防ぐ働きがあります。

材料

ウスベニツメクサ … 30g
アルガンオイル … 大さじ3

作り方

ウスベニツメクサを粉末にし、アルガンオイルに混ぜます。

使い方

これを夜、シミやソバカスの部分につけます。

このウスベニツユクサ入りアルガンオイルを、いつも使っているクリームに配合して、シミやソバカスにつけても。

スポンサーリンク
スポンサーリンク