バラ:美肌パワーにすぐれた「花の女王」オイル

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

繊細な香りの美しいバラは、古代から「花の女王」と呼ばれて愛されつづけてきました。

美容においても重要な植物で、クリーム、ローションパックオードトワレなど、幅広く使用されています。

収れん作用があるバラは、敏感肌傷んだ肌に適しています。
保湿効果が高く、肌の質を改善し、きめ細かい素肌を作ります。

バラの精油は、シャネルの5番など多くの香水に配合されています。

非常に高価で、1リットルで1万~2万ユーロ(10~20万円以上)するといわれています。

アラブの女性たちは、古代から、薬草を漬けた植物油を上手に使い、美しさを保ってきました。

バラの香りに包まれ、保湿効果でお肌がしっとりしますよ!


学名:Rosa Gallica
科名:バラ科
使用部位:花びら、つぼみ
開花時期:5月~7月
収穫時期:開花中


原産と生息地
中東が原産で、12世紀に十字軍がヨーロッパにもたらした。フランス、ギリシャ、スペイン、トルコ、モロッコなどで商業用に栽培されている。

モロッコはローザ・センティフォリア精油の最大の供給地。モロッコ南部、ワルザザートのエル・ケラア・ムグナでは、毎年5月上旬にバラ祭りが開催される。

 こちらも! 

バラの生産地モロッコ!精油を抽出するときにできるローズウォーターは、日常的によく使われます。ローズウォーターは水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワも目立たなくします。目の疲れや目の下のクマの解消にも。バラたっぷりのオイルは上がり湯に。
モロッコ秘伝の入浴剤を紹介します! ハーブを酢に漬けたハーブビネガーは肌をなめらかに保湿します。牛乳とはちみつの甘くミルキーなバスタイムでリラックス。糠とオートミール、小麦でしっとり肌に。乾燥肌にはバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。
アルガンオイルで全身潤い肌! モロッコの女性にとって全身パックは日常的なお手入れ。アルガンオイル、ガスール、ハーブを使った保湿効果のある美肌ボディパックを紹介します。疲れを解消して元気回復するパック、気になる妊娠線やお腹のシワやシミ対策も。
スポンサーリンク
スポンサーリンク