イヌバラ(ローズヒップ):保湿と抗酸化作用

イヌバラという和名はあまりなじみがないかもしれませんが、その果実、ローズヒップはよく知られていますね。

イヌバラは、英語でロサ・カニーナと呼ばれるバラ科の植物。
秋に結実し、赤いローズヒップになります。

ローズヒップはビタミンが豊富で、美容業界ではあらゆる種類の製品に配合されています。

スキンケア効果は、活力促進、栄養補給、保湿など数多く、肌のキメを整え、なめらかにします。
特に、乾燥肌を保護するのに最適です。

また、抗酸化作用にすぐれ、老化を遅らせ、皮膚細胞の衰弱やシワを防ぎます。

傷んだ髪や弱った髪にも向いていて、髪をボリュームアップし、絹のようななめらかにします。


学名:Rosa canina L.
科名:バラ科
別名:ロサ・カニーナ
使用部位:実、種、花
開花時期:6月~7月
収穫時期:葉と花は6月~7月、実は9月


特徴
イヌバラはトゲのある樹木で、枝は非常に固いトゲにおおわれている。葉は細かく切りこみが入り、花は先端に咲き、かなり大きく、白かピンクの5枚の花びらからなる。実はローズヒップと呼ばれる。

原産と生息地
温暖な地域であればどこでも育つ樹木で、北アフリカ、ヨーロッパ、アジアでよくみられる。茂み、生け垣、乾いた土手、森の端、森林や道路脇に育つ。

投稿記事下

シェアする