ウコン:殺菌作用でニキビ解消&デトックス効果

インド医学では太古の昔から、ウコンを医薬品として知られており、つねに栽培されてきました。

ウコンの根茎は黄色かオレンジ色で、油脂と色素が含まれ、その根茎を採取し、乾燥させて、粉末にして使います。

ウコンの根茎は生薬として日本でもよく知られています。

学名のクルクマは、アラビア語の「黄色」が語源で、英語ではターメリックと呼びます。

カレーなどの色素に利用され、古くから布の染料としても使われてきました。
ウコンで染めた布は虫がつきにくいといわれています。

ウコンは消化を促進し、胃痛を鎮める働きがあります。、

抗感染作用と抗炎症作用出も知られ、美容の面では、ニキビ肌に向いています。

また、デトックス効果があるといわれています。

ウコンの粉末をパウダーとしてつけると、光り輝く顔色に仕上がります。

水腫や炎症といった眼のトラブルの治療には、ウコンの煎じ液での洗浄や湿布といった方法で用いられます。

学名:Curcuma longa
科名:ショウガ科
使用部位:根茎

特徴
地下に大きな根茎をつける。

原産と生息地
アジア、特に、熱帯およびモンスーン気候のインドが原産といわれる。