クルミ:歯からヘアまでお手入れ方法はいろいろ

クルミは古代から、優れた薬効が評判の植物で、フェイスケア製品に数多く使用されています。

クルミの葉を粉末にしたマッサージはスクラブ効果があり、古い角質を取り除きます。

クルミの葉の煎じ液はフェイスローションとして使用でき、肌をなめらかにします。

この煎じ液は、あらゆる皮膚病、皮膚の炎症の治療薬となるといわれています。

クルミの芽の抽出液は、抜け毛、フケを予防するなどをヘアケアに適しています。

傷んだ髪を修復し、ドライケア輝きと潤いを与えます。

この抽出液は、茶色の髪に明るい輝きを与え、ヘアカラーとしても使われます。

また、血行を促進し、むくみを解消する働きも。

発汗抑制効果もあり、過剰発汗を防ぎ、皮脂分泌を正常化します。

モロッコでは、クルミの樹皮を細い千切りにし、美しい歯のケアに使います。


学名:Juglans regia L.
科名:クルミ科
使用部位:実、根、樹皮
開花時期:4月~8月上旬
収穫時期:実が熟したとき、樹皮と根は秋


特徴
クルミの木は高さ20mほどの大きな樹木。樹皮は灰色で、かなり大きな濃い緑色の葉1枚か2枚は、楕円形の小葉を7~9枚からなる。花は、雄花と雌花があり、雄花は前年の枝の上部にまとまってつきます。雌花は通常、新しい枝の先端に2組ずつつける。クルミは実のなかに入っている。

原産と生息地
アジアの山岳地帯が原産だが、現在では世界中の温暖な地域でみられる。栽培されているが、野生のクルミも地中海沿岸部に生息する。北アフリカでもいたるところでみられる。

投稿記事下

シェアする