美容情報一覧

美と幸運を手に入れるモロッコの“おまじない”

モロッコなどでは、悪い視線から身を守るために「ファティマの手」を、恋愛運アップのために貝かクローブの首飾りを身につけるそうです。ざくろの果皮やアーモンドは誘惑に効果があり、はちみつとハリッサ(アリッサ)、トリュフのソテーは“媚薬”になるとか。

モロッコで愛される手作りオーガニックコスメ

モロッコではフランス製のコスメを使うのがステイタスだったのですが、最近では、昔ながらの手作り美容法が見直されているそうです。自分で選んだハーブや食材など天然素材を使って自分でコスメを手作りする。ハーブを活用するモロッコ美容は奥が深いのです。

ヘンナで悪運を吹き飛ばして幸せを引き寄せる

ヘアカラーでおなじみのヘンナは、悪い影響を防ぐと信じられていて、健康や喜び、美の象徴でもあります。殺菌や抗真菌、制汗作用などでも知られ、皮膚病や紫外線からの肌の保護などスキンケアにも用いられます。足の角質をやわらかく、なめらかにする効果も。

赤い頬紅からみるアラブとアジアの美容情報交換

「樹下美人屏風絵」や「鳥毛立女屏風絵」などに描かれた女性のメイクの特徴は、赤く大きく塗られた頬紅。モロッコの伝統的な頬紅のさし方にも、これとよく似た化粧法があります。陸や海のシルクロードを使って、メイクや化粧品の情報交換は活発だったのかも。

人気のベリーダンスは便秘や肩こりの解消にも

ベリーダンスは娯楽性が強く、モロッコなどの一般の女性は民族音楽で踊ります。ベリーダンスは、日本にも上陸し、ヨーロッパでも大人気。肩と腰をくねくねさせ、ハードにステップを踏む踊りは、シェイプアップ効果ばつぐん。特に、肩こりと便秘に効きますよ。