美容情報一覧

美と幸運を手に入れるモロッコの“おまじない”

モロッコなどでは、悪い視線から身を守るために「ファティマの手」を、恋愛運アップのために貝かクローブの首飾りを身につけるそうです。ざくろの果皮やアーモンドは誘惑に効果があり、はちみつとハリッサ(アリッサ)、トリュフのソテーは“媚薬”になるとか。

古代エジプトのクレオパトラはモロッコ美容の祖

古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

モロッコの市場で美容グッズのお買い物

モロッコの市場では、スパイスなどの食品と美容グッズが同じ店に並んでいます。アラブ諸国では、香辛料も伝統的な生薬も同じ植物であることから、一緒に扱うようになったそうです。植物や鉱物由来のコスメが、スパイス屋においてあっても、不自然ではないのです。

赤い繊細なヘンナタトゥーで幸せを守る

ヘアカラーでおなじみのヘンナは、悪い影響を防ぐと信じられていて、健康や喜び、美の象徴でもあります。オシャレなヘナタトゥーは、女性の身を守り、幸福をもたらすと信じられています。芸術的なレース文様は地域ごとに特色があり、手描き以外にシール式も。

“走らず急がず”自分のための時間作りで美しく

古代エジプト人にとっての“美”は、外見だけでなく、ライフスタイルや精神状態も含めて良好なのが基本。「走ったり急いだり」するのは「品位に欠ける」そう。モロッコ美容も時間をかけてのんびり楽しみながらのケアばかり。忙しい現代人には贅沢な美容法。