モロッコの旅一覧

イスラム庭園7:アルバイシン(グラナダ)

アルハンブラ宮殿の北に広がるアルバイシン。窓辺いっぱいに飾られた鉢植え。白い壁にはブルーに彩色されたタイルや絵皿。アルバイシンに並ぶ家は、どれもデコレーションに工夫が凝らしてあり、垣根ごしに見える藤の花や梅花うつぎなど、見て歩くのが楽しい。

NO IMAGE

イスラム庭園4:ザフラー宮殿(コルドバ)

コルドバから西へ13キロメートルのところあるザフラー宮殿。アブド・アッラフマーン3世により建設され、後ウマイヤ朝の最高傑作といわれています。白い大理石の壁に花びらを模して嵌め込んだ赤い大理石、複雑に絡み合う唐草模様の浮彫など優麗な装飾です。

モロッコの美肌の温泉ムーレイ・ヤコブ

フェズから20キロほどのところにあるムーレイ・ヤコブは水の聖地。美肌の湯として知らる温泉街です。ここには庶民的な銭湯タイプや高級感あるスパなど、ハマム(アラブ風蒸気風呂)があります。庶民的なハマムは地元モロッコ女性でワイワイにぎわってました。

モロッコのデトックス水の里シディハラゼム

フェズから12㎞のところにあるシディハラゼムは、名水の里として有名です。名水をポリ容器に入れて帰る人など、たくさんのモロッコ人でにぎわいます。シディハラゼンの水はデトックス効果ばつぐん。利尿作用、神経関節炎、高血圧、痛風、肝臓病を軽減するそう。

イスラム庭園3:アルカサバ(マラガ)

マラガの小高い丘にそびえる、ひときわ目立つ巨大な建物アルカサバ。アドリアナ広場から階段を上り城、イスラム美術館となっている城へ。途中にローマ時代の劇場跡はあるが、庭園はない。それでも、深い緑とブーゲンビレアの赤い花が砂色の城壁映え、みごとな景観。