モロッコの旅一覧

イスラム庭園7:アルバイシン(グラナダ)

アルハンブラ宮殿の北に広がるアルバイシン。窓辺いっぱいに飾られた鉢植え。白い壁にはブルーに彩色されたタイルや絵皿。アルバイシンに並ぶ家は、どれもデコレーションに工夫が凝らしてあり、垣根ごしに見える藤の花や梅花うつぎなど、見て歩くのが楽しい。

NO IMAGE

イスラム庭園4:ザフラー宮殿(コルドバ)

コルドバから西へ13キロメートルのところあるザフラー宮殿。アブド・アッラフマーン3世により建設され、後ウマイヤ朝の最高傑作といわれています。白い大理石の壁に花びらを模して嵌め込んだ赤い大理石、複雑に絡み合う唐草模様の浮彫など優麗な装飾です。

赤やピンクが基調のモロッコ・ラバトの絨毯

絨毯は生活の必需品というだけでなく、お守りと幸運のシンボルでもあります。ラバトの絨毯はペルシャの影響を受け、六角形や星の図柄を中心部にあしらい、その周りを幾何学や花柄の模様を広げていきます。ラバトの伝統的な絨毯は赤やピンクを基調としています

イスラム庭園5:シェラ(ラバト)

深緑の中に浮かぶ古色を帯びた大理石とタイルの塔。アブー・ハッサン王が建てたミナレットは、モロッコの美しい建造物のひとつ。階段を降り、小道に沿って、静かな谷を下っていくと、道の両脇には、バラ、いちじく、オリーブ、バナナの木が密生しています。