アルガンオイルとは?肌にも髪にもすごい効果

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイルは、モロッコ特有の樹木アルガンの実から抽出された希少なオイルです。

健康や美容の効果が高く、数世紀もの間、天からの贈り物としてモロッコの先住民族ベルベルの女性たちに愛用されてきました。

現在では、科学的にその効能が認められ、研究が進められています。

スポンサーリンク

ヤギが登るアルガンの樹

ヤギが登る樹として、日本で話題になったアルガン。昔、ヤギ実を食べた後に種を落とし、それをベルベル人が拾ってアルガンオイルを採油していました。

アルガン(学名:Argania spinoza (L.) Skeels)はアカテツ科に属する樹木。

モロッコにだけ生息する植物で、モロッコ南西部の高アトラス地方の乾燥した不毛の地でも育つ、根が強い植物です。一般に、平地か山岳地帯のふもとの石灰質の乾いた土地に生息します。

樹齢は約300年という長さで、果実をつけるのに3年ほどかかります。

アルガンの木は10メートルもの高さに達し、短く曲がりくねっ幹はゴツゴツした堅い樹皮でおおわれています。
鋭い棘のある枝には深緑色の薄い小さな葉をつけ、4月中旬~5月中旬に黄色もしくは白色の花が咲き、6~8月の夏場に肉厚の実をつけます。

アルガンの樹は、砂漠化が進んだ影響で一時期絶滅の危機に瀕し、ユネスコの生物圏保護区に指定され、現在も保護されています。

アルガンオイルのできるまで

アルガンの果実はプラムを小さくした、オリーブに似た形をしています。

オイルは果実の種の仁から抽出します。

オイルの抽出は、昔からベルベル人の女性たちの手で行われてきました。いまは機械化が進んでいますが、伝統的な手絞りアルガンオイルは、現地の女性たちの雇用にもつながっています。

アルガンオイルを抽出する最初の工程は、堅い殻を石で叩いて割り、仁を取り出す作業からはじまります。

次に石臼で仁を挽いて粉末状にし、絞ってオイルを抽出します。

こうした伝統的な手法は余計な熱を加えないため、新鮮なオイルが抽出されます。

1本のアルガン樹は約30kgの実をつけ、その種からは1リットルのアルガンオイルしか採油されません。
オリーブから1リットルのオリーブオイルに必要なオリーブは5~10㎏なので、それと比べても、アルガンオイルがとても貴重で高価なのがわかります。

仁をローストしてから石臼で挽いて採油したアルガンオイルは、主に食用になります。

明るい黄金色のアルガンオイルは、ヘーゼルナッツに似た味です。ドレッシングや炒め物など、さまざまな料理に使われます。

アルガンオイルの成分は?

モロッコでは昔から、アルガンオイルに薬効があることで知られ、伝統医療に用いられていました。消化不良の改善や、身体の機能を正常に戻して元気を回復する働きがあるといわれています。

アルガンオイルは、健康に良いといわれる不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸を多く含みます。

オレイン酸とリノール酸は、悪玉コレステロールを下げ、血管を元気にし、生活習慣病を予防する働きがあります。また、便秘を解消する作用でも知られます。

オレイン酸は人間の肌の皮脂を構成している脂肪酸のひとつで、美肌効果が高いのも特徴です。リノール酸は、肌をやわらかくする作用があります。

また、ビタミンE(トコフェロール)やポリフェロールも豊富です。

ビタミンEとポリフェノールはどちらも、老化の原因になる活性炭素を除去する強力な抗酸化作用を持ち、生活習慣病を防ぎ、若々しい肌と髪を守ります。

さらに、傷や感染を治す作用でも知られ、水ぶくれ、やけど、リウマチの治療薬にもなります。

アルガンオイルの美容効果

アルガンオイルは、顔、髪、ボディと全身を美しくする万能オイルです。

アルガンオイルには次のようなスキンケアの効能があります。

くすみを消し透明感を高める

アルガンオイルは、新陳代謝を活発にします。肌細胞が活性化することで余分な角質が取り除かれ、透明感のあるキメ細やかな肌になります。

たるみのない弾力のある肌に

アルガンオイルは弾力を取り戻す作用があります。

シワを減らす

アルガンオイルは血行を促進する働きがあり、他の美容オイルのなかでもシワ対策にすぐれたオイルといわれています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターなどを材料にした秘伝スキンケアを紹介。ローズマリーなど保湿効果の高いハーブで、シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちましょう。
保湿力を高める

ビタミンEは肌のバリア機能を高めて、潤いをキープします。

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
乾燥を防ぐ

アルガンオイルは肌への浸透力がよく、皮膚を柔軟にして乾燥から肌を守り、うるおいのある肌に改善します。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。栄養満点オートミールを材料にしたスキンケアを紹介します。食べるだけでなく、かゆみや皮膚の炎症を抑え、肌を清浄する働きがあるといわれ、ヨーグルトとはちみつを加えたパックはカサカサ乾燥肌をもっちり美肌に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルを材料にしたスキンケアの使い方をマスターしましょう。アルガンオイルは、皮膚細胞再生と抗酸化作用にすぐれ、若々しく弾力のある素肌を保ちます。ハーブやガスールと組み合わせることで効果がアップ。
ニキビ

アルガンオイルはニキビや湿疹、ひび割れといった皮膚のトラブルにも有効です。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、大人ニキビ解消のパックを紹介します。ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあり、大人ニキビに最適。バジルやナツメグを加え、スベスベ肌に。
爪のケア

割れたり、傷んだりした爪に栄養を与え、丈夫にします。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。天然素材を材料にしたネイル&ハンドケアを紹介。はちみつ入りアルガンオイルでのマッサ―ジ。塩レモンの手浴ですべすべ肌に。傷んだ爪にはレモン、ひび割れにはクルミの葉を。牛乳ローションで白くしなやかな手に。

アルガンオイルは、ヘアケアにもおすすめです。ヘアパックやスタイリングオイルなどの使い方ができます。

乾燥を防ぐ

アルガンオイルは髪のキューティクルに浸透しやすく、乾燥を防いで、扱いやすいしなやかな髪にします。

輝くツヤ髪に

アルガンオイルは髪の毛1本1本に栄養を与え、つやと輝きを取り戻します。

ダメージヘアを修復

アルガンオイルは枝毛やパサつきなど、傷んだ髪を修復し、潤いとしなやかさをよみがえらせます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。バサバサ髪がしっとりまとまる、アルガンオイルを材料にしたヘアケアの紹介です。栄養満点のアルガンオイルは保湿効果が高く、美髪の強い味方。ショウガやクローブを加えたアルガンオイルのパックでツヤさら髪に。
頭皮ケア

アルガンオイルは抗炎症作用があり、フケやかゆみを抑え、頭皮の毛穴の汚れも落とします。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ガスールやアルガンオイルなど自然素材を材料にした、抜け毛対策ケアを紹介。抜け毛や薄毛の原因となる頭皮の乾燥を防ぎ、育毛促進します。オリーブオイルとレモンのパック、ローズマリーのローション、バナナのパックも。
ボディケア

アルガンオイルはボディケアにも向いています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、アーモンドパウダー、シュガー、レモン、オートミールを材料にした、古い角質や汚れを落とすスクラブの紹介です。頭のてっぺんから足の爪先までキレイになる、基本の垢すりに加え、ゴマージュも大切。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、ガスール、ハーブを材料にした保湿効果のある美肌ボディパックの紹介です。モロッコ女性にとって全身パックは日常的なお手入れ。疲労を癒して元気回復のパック、気になる妊娠線やお腹のシワやシミ対策も。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルやレモンを材料にした、首とデコルテのケアの紹介です。手軽な素材を使った簡単なシワとたるみ対策。レモンとオリーブオイルのゴマージュ、はちみつのマッサージ&パック、アルガンオイルのマッサージなど。

アルガンオイルの使い方をマスターして、若々しい美しさをキープしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク