エキゾチックな香りのムスクとアンバーグリス

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

アラブ人に一番人気ともいえる香りが麝香(ムスク)です。

本物のムスクは、ジャコウジカの分泌物から抽出されますが、ジャコウジカは希少動物でもあり、現在は天然モノを手に入れるのはほとんど不可能です。

代用品としてよく使われているのが、アンブレット・ムスクシード。

乳白色の四角形の人工ムスクは、モロッコのスーク(市場)でも販売していました。
2010年にモロッコで購入した親指ほどの大きさのムスクは、10年近く経ったいまでも強く甘い香りを放っています。

アラブの人たちは、女性も男性も、この固形のムスクをそのまま身体や洋服にこすりつけます。

ムスクには、皮膚に栄養を与え、若返らせる効果があるといわれ、ボディオイルとしても用いられています。

アルジェリア南部では、ムスクとクローブに、パチョリやバラを練りあわせ、固形香水を作るそうです。
この練り香水をネックレスやイヤリングなどのアクセサリーにして、つねに身に着けるとか。

麝香(ムスク)と並んでアラブ人に好まれている香りが、龍涎香(アンバーグリス)です。

マッコウクジラの分泌物から抽出されたアンバーグリスは、アラビア語でアンバルと呼ばれ、7世紀初めにアラブ人に使われはじめ、世界に広まっていきました。

アンバーグリスは、薫香や香油として用いられるほか、コーヒーなどの香りづけにもされたそうです。

医薬品としても貴重品で、13世紀の薬学者イブン・アル=バイタールの書物に、その薬効が記されています。

それには、

「心臓や脳など神経系統やすべての器官の強壮。
顔面麻痺や中風にも効果がある。下痢と胃の衰弱の内服薬として有効」

とあります。

アンバーグリスの官能的な香りは、快感をもたらすといわれています。

「飲み物にアンバーグリスを少し入れて飲むと、たちまち酔ってしまう」そうで、媚薬として大いに用いられていたといいます。

天然のアンバーグリスは超高価で、現在はほとんど手に入りません。
香水などに使われているのは合成香料です。

スポンサーリンク

フォローする