モロッコに学ぶ乾燥知らずのシャンプーとリンス

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

乾燥しがちなモロッコでは、パサパサ髪をしっとりさせるヘアケアにいろいろ工夫を凝らしています。

基本は、髪を乾燥から守るハーブやアルガンオイルなど使ったシャンプーとリンス。

パサつく髪に潤いを与えるドライヘア向けの植物には、次のようなものがあります。

これらのなかから好きなハーブを利用し、シャンプーやリンス、パックなどを作ります。

スポンサーリンク

ハーブのローションでシャンプーとリンス作り

ハーブの煎じ液は、シャンプーと混ぜ合わせてトリートメントシャンプーに、そのまま使ってリンスになります。

ハーブのローションの作り方は簡単。

ハーブは、上記の表のなかから、好きなのを選びましょう。

 ハーブローションの作り方 

乾燥髪向けトリートメントシャンプーの基本です。

 保存容器と用具 

プラスチック容器(100ml用) ※アルコール消毒してから使用しましょう

計量カップとスプーン

小鍋

 材 料 

ハーブ … 小さじ2

ミネラルウォーター … 100m

 作り方 

  1. 鍋にハーブとミネラルウォーターを入れ、火にかけます。
  2. 沸騰したら、弱火にして15分煎じます。
  3. 火からおろし、そのまま冷まします。
  4. キッチンペーパーでこしてハーブを取り除き、プラスチック容器にうつします。

 保存方法 

冷暗所で2週間ほど保存可能です。

乾燥を防ぐハーブのトリートメントシャンプー

できあがったハーブのローションを、同量のシャンプーに混ぜ合わせると、トリートメントシャンプーになります。

シャンプーは、ベビーシャンプーなど弱酸性を選びましょう。

乾燥を防ぐアルガンオイルとハーブのシャンプー

美容大国モロッコの手作りハーブのシャンプー。パサパサ髪を改善する、ジャーマンカモミールとローズマリーのトリートメントシャンプーです。アルガンオイルを加えたることで、乾燥から髪を守る効果がアップし、頭皮もすこやかに保ちます。しっとり潤うりツヤ髪に。

パサつく髪にゴボウのトリートメントシャンプー

パサパサ髪をしっとりさせる、ドライヘア向けトリートメントシャンプーの作り方です。おなじみの食材ゴボウは、乾燥した髪に潤いを与え、コシをよみがえらせる効果が期待できます。ゴボウを煮汁を混ぜただけのモロッコ美容の手作りシャンプーでツヤ髪に。

パサパサ髪のケアに赤ブドウ葉の潤いシャンプー

パサパサ髪を改善するモロッコ美容の手作りシャンプーの作り方。血行を促す作用で知られる赤ブドウのシャンプーは、頭皮をすこやかに保ち、髪の乾燥も防ぎます。弱った髪を元気によみがえらせるトリートメント効果も期待できるシャンプー。パサパサ髪もしっとり。

ハーブのローションで乾燥を防いでしっとり髪に

ハーブのローションは、そのままリンスにしたり、髪と頭皮のマッサージ&パックのトリートメントローションにしたり。

しっとりまとまりのある髪に仕上ります。

パサパサ髪がしっとり!カモミールのローション

美容大国モロッコに学ぶパサつく髪を潤すハーブの手作りローション。髪と頭皮の乾燥を防ぐカモミールは、シャンプー後のマッサージローション、そしてリンスとして使います。パサパサ髪がしっとりまとまりのあるツヤ髪に。カモミールの香りはリラックス効果も。

 こちらも! 

バサバサ髪がしっとりまとまる、美容大国モロッコの手作りヘアパックの紹介です。保湿効果が高いアルガンオイルやオリーブオイル、コシのある髪にするクローブ、ローズマリー、傷んだ髪を修復する卵黄、イチジクなどを材料にした美髪の集中ケア。ツヤさら髪に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。抜け毛や薄毛は頭皮のトラブルが原因のひとつといわれています。抜け毛対策ケアは乾燥かオイリーかで違います。ガスールやアルガンオイルなどの乾燥を防止するケアと、頭皮の過剰な皮脂分泌を調整する