ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ローズマリーにはさまざまな効能があり、爽やかな香りも好まれ、スキンケアをはじめ美容面で幅広く用いられています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。疲労肌の回復に効果的なハーブやデーツを材料にした自然派化粧品の紹介です。ナツメヤシの実デーツのパック、ホップやリンデンを煎じたローションは肌を元気に。ローズマリーのローション&パックで肌の疲れを解消!

なかでも、ローズマリーは抗酸化作用にすぐれているハーブのひとつといわれ、シワ予防、保湿、引き締め効果があることで知られています。

シワやたるみを防ぐための美容大国モロッコの保湿ケアを紹介。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーター、ローズマリーなど保湿効果の高い天然素材を材料にした手作りコスメのレシピ。若々しい肌を保つエイジングケア。

ローズマリーはまた、ニキビや赤い吹き出物、傷を治す働きがあるといわれています。

洗浄効果にすぐれたローズマリーは、オイリー肌やオイリーヘアのケアに適しています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ミントやローズマリーなど、皮脂バランスを整えて保湿する効果が高いハーブを材料にした自然派化粧水の紹介です。顔のテカりを解消してうるさら肌に。毛穴を引きしめ、さっぱりしっとり肌をよみがえさせるローション。

ヘアケアでは、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎ、髪を丈夫にします。

美容大国モロッコの手作りコスメの作り方。髪を乾燥から守り、保湿効果があるとされるハーブを材料にしたドライヘア向けトリートメントシャンプーとリンスの紹介です。カモミール、ローズマリー、ゴボウ、赤ブドウ葉、アルガンオイルでパサパサ髪もしっとり。
美容大国モロッコの手作りコスメでフケ予防。ハーブや野菜を使った頭皮ケアの紹介です。頭皮の乾燥やベタつきを改善し、フケを防ぎます。ローズマリーやネトル、ゴボウ、タマネチのリンスやトリートメント、ヘナとローリエのパックパックなど。傷んだ髪も元気に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。抜け毛や薄毛は頭皮のトラブルが原因のひとつといわれています。抜け毛対策ケアは乾燥かオイリーかで違います。ガスールやアルガンオイルなどの乾燥を防止するケアと、頭皮の過剰な皮脂分泌を調整する

ローズマリーは万能ハーブで、歯磨き粉、髭剃り用ムース、入浴剤など、ボディケア製品にも多数用いられています。

ローズマリーを入れて入浴すると、むくみを解消し、リラックスでき、器官が刺激されます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした入浴剤の紹介です。ハーブビネガーで潤い肌に。牛乳とはちみつのバスミルクでリラックス。糠とオートミールでしっとり肌に。乾燥肌にバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ローリエ、赤ブドウ葉、クルミ葉などのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴の紹介です。全身のリラックス効果も。モロッコ美容では美しい足のケアが重要。クルミオイル、マシュマロウ、ナツメヤシ油など。

香水に使用されるローズマリーの精油は、男性用オードトワレなどには欠かせない香りです。


学名:Rosmarinus officinalis L.
科名:シソ科
使用部位:全草
開花時期:5月~9月
収穫時期:1年中


特徴
ローズマリーは常緑植物で、シルバーグレーの茎の高さは1.5mほどで、濃い緑の披針形の葉をつける。花の色はパステルブルーから紫までさまざまな色で、短い房になって咲く。

原産と生息地
地中海沿岸が原産で、石灰質の乾燥した土地に生息する。南ヨーロッパやモロッコでよくみらるが、世界中で栽培されている。

スポンサーリンク

フォローする