オレンジフラワーウォーターの美容効果と使い方

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

「モロッコ菓子にはオレンジフラワーウォーター(オレンジ花水)が欠かせない。春にはオレンジの花にあふれるんだよ」と知り合いのモロッコ人が教えてくれました。

ここでいうオレンジは、ビターオレンジのこと。

モロッコをはじめ北アフリカの人々は、幸運をもたらすといわれているビターオレンジの花をつねに周りにおいています。

モロッコの植物メイクアイテム! モロッコの伝統的メイクは、黒いアイメイクと赤のリップ&チークがポイント。レッドは幸せをもたらす色といわれ、モロッコの女性たちは、粘土製などの容器に入った練紅「アケール」で、印象的なリップやチークに仕上げます。
スポンサーリンク

ビターオレンジの花について

ビターオレンジ(学名:Citrus aurantium)はミカン科の植物で、ダイダイ、プチグレンという別名もあります。

アジアの熱帯地域やインドが原産で、10世紀ごろ、地中海沿岸にもたらされたといわれ、13世紀から栽培されているそうです。

現在では、北アフリカ、スペイン、南ヨーロッパで多く栽培されています。

6月~9月が開花時期で、この期間、葉と花が収穫されます。

アルジェリアでは、春の到来を祝い、ビターオレンジの花をベースにしたジャム作りを家族で楽しむそうです。
ビターオレンジの花、砂糖とレモン汁だけのジャムは、おいしいだけでなく、体内の老廃物を排除し、元気を回復する効果もあるそうです。

ビターオレンジの花の効能は数多く、殺菌、抗真菌、水分補給、鎮静といった作用で知られています。
血行促進作用や傷を癒す働きも。

また、眠りを誘う効果もあり、北アフリカには、子どもがぐっすり眠れるように、乾燥したオレンジの花を入れたポプリを子ども部屋に置く習慣もあるそうです。

フレッシュな軽い花の香りが人気で、クリームやフェイスローション、シャンプーなど、さまざまな美容製品に用いられています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。

オレンジフラワーウォーターとは?

ビターオレンジの花からネロリという精油を抽出するときにできる蒸留水がオレンジ花水(オレンジフラワーウォーター)です。
ネロリはとても高価ですが、オレンジフラワーウォーターは日常的に使いやすい価格といえます。

北アフリカでは、オレンジフラワーウォーターで牛乳を香りづけし、乳児の身体を拭く習慣があるそうです。

食後の居間にふりまいたり、手を洗うときに使われたり、宗教的な儀式にも登場します。

また、お菓子をはじめ、まざまな料理や飲み物の香りづけにも用いられます。

モロッコでは食用が一般的で、ジュースのようにガラス瓶に入ったオレンジフラワーウォーターが、スーク(市場)で売っていました。

モロッコお菓子のなかには簡単に手作りできるものがあります。一番人気なのが、アーモンドペースト入りの三角形の揚げ菓子ブリワット。ブリックという皮を使いますが、春巻の皮で代用できます。モロッコのマカロンはアーモンドたっぷりで昔懐かしい素朴な味。
お茶はアラブ地域の重要な文化。昔からハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。ハーブティーは身体の不調だけでなく、精神のバランスを整える働きがあります。モロッコでは、フラワーウォーターもドリンクに。

オレンジフラワーウォーターの美容効果

オレンジフラワーウォーターは、肌の疲れを癒す働きがあり、日常的にフェイスローションとして使用できます。

あらゆる肌に適していますが、なかでも、加齢肌や敏感肌におすすめです。

ヘアケアにも適していて、抜け毛を防ぎ、弱った髪を丈夫にし、なめらかさと輝きをよみがえらせます。

オレンジフラワーウォーターには次のような効能があります。

保湿効果

潤いを与え、一日中フレッシュに保ってくれます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。オレンジ花水(オレンジフラワーウォーター)を材料にした、若々しい肌を保つスキンケアの紹介です。オイリー肌のトニックローション、乾燥肌向けガスールとアルガンオイルのパック、リラックス効果もある入浴剤など。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮膚の新陳代謝を高め、バリア機能を改善する、モロッコ産の粘土ガスールを材料にしたパックを紹介します。ハーブやアルガンオイルといった自然素材を加えたガスールパックは、毛穴の汚れを落として水分補給の働きも。
肌トラブルの防止に効果的な氷マッサージ&パック。美容大国モロッコのハーブ入り氷マッサージを紹介します。ミントとはちみつの毛穴ケア、アルガンオイル入り保湿、緑茶と紅茶の目のむくみ解消など。血行を促進し、くすみやたるみを薄くし、透明感ある美肌に。
炎症を鎮める

ヒリヒリする肌を落ち着かせ、なめらかにします。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮脂をコントロールし、しっかり保湿する、ラベンダーやオレンジフラワーなどのハーブを使ったローションを紹介。毛穴を引きしめ、さっぱりしっとり肌をよみがえります。毛穴の汚れには、ハーブのスチームもおすすめ。
シワを防ぐ

皮膚を若返らせ、引き締め、シワを防ぎます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターなどを材料にした秘伝スキンケアを紹介。ローズマリーなど保湿効果の高いハーブで、シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちましょう。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。砂糖やアーモンドパウダー、すりごまなどを材料にしたスクラブを紹介。シュガースクラブ、アーモンドパウダーとオレンジ花水のピーリング、すりごまとオリーブオイルのゴマージュで、古い角質を除去してなめらか肌に。
心身のリラックス

心と体の疲れを癒す働きがあり、ボディケアにも向いています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした入浴剤の紹介です。ハーブビネガーで潤い肌に。牛乳とはちみつのバスミルクでリラックス。糠とオートミールでしっとり肌に。乾燥肌にバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、ガスール、ハーブを材料にした保湿効果のある美肌ボディパックの紹介です。モロッコ女性にとって全身パックは日常的なお手入れ。疲労を癒して元気回復のパック、気になる妊娠線やお腹のシワやシミ対策も。

 こちらも! 

モロッコの市場では、スパイスなどの食品と美容グッズが同じ店に並んでいます。アラブ諸国では、香辛料も伝統的な生薬も同じ植物であることから、一緒に扱うようになったそうです。植物や鉱物由来のコスメが、スパイス屋においてあっても、不自然ではないのです。
モロッコ美容の手作りコスメ!中東の代表的な物語アラビアンナイト(千一夜物語)では、スーク(市場)に並ぶアーモンドやヘンナ、さまざまな芳香植物やムスクやサフランの香り、蒸気風呂ハマムの習慣など、豊かで贅沢なイスラムの美容文化が語られています。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。健康ドリンクのアーモンドミルクを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドパウダーも素材としてガスールや牛乳を加えたパックに。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果もばつぐんです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。乾燥が激しいモロッコには、乾燥肌をしっとり潤す保湿スキンケアが数多くそろっています。おなじみの果物メロンもで大活躍。メロンと牛乳のローション、メロン果肉のパック、メロンジュースなどスキンケアを紹介。
スポンサーリンク

フォローする