イスラム庭園2:サラ遺跡(ラバト)

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

イベリア半島および北アフリカの共通点は、フェニキア人の支配後、ローマ帝国の植民市となったことだ。

この地は、3世紀頃までに次々とローマ化し、カピトリウム神殿、公共広場、バジリカ、浴場、凱旋門が造られた。

豪奢な邸宅に住み、豊かな生活をする上流階級も現れたという。
その邸宅には、柱廊で囲んだ庭園があり、タイル舗装と四角く掘った池を設けた。
園路の中央に大理石の水盤を置き、彫像や植物を飾ったという。

ヒスパノ・モレスク文化が生まれる土壌となったローマ都市国家は、モロッコの首都ラバトのサラ遺跡にその面影をとどめている。

積み重ねた石の赤と草木の緑。天然色のコントラストが、無機質な近代建築に慣れた目には新鮮だ。
植物が勝手気ままに茂っているようだが、サラ遺跡はモロッコの国立公園。
下手に創作されていないところが、かえって大きな魅力となっている。

ゆるやかな斜面に残るのは、むきだしになったフォラム(公共広場)の土台。
アーチ型に装飾した部屋らしきものは、商店だったという。神殿跡やメイン道路なども残存する。

ローマ時代の風景が、目の前に広がるものと一致するはずはないのだが、原住民ベルベル族の住む北アフリカの植民市は、素朴でのどかだったのかもしれない。
緑の草が生い茂っている遺跡を見ていると、そんな気がしてくる。
ひっそり静まり返っているにもかかわらず、どことなく陽気な雰囲気。
煉瓦色の石壁からは、人々の朗らかな話し声や笑い声が、聞こえてきそうだ。

ローマ人が北アフリカの首都に選んだのは、すでに栄えていた町サラだった。
今ではイスラム教国のモロッコも、ローマ時代にはキリスト教徒が多く、ラテン語を話し、ローマ風の暮らしをしていた。
この風習は、アラブ人が到来するまで続いたという。

アラブ人は、ベルベル族の激しい抵抗を抑え、勢力を拡大していった。
部族国家の王子たちはイスラム文明を学び、それを普及していく。

ローマ時代からはるか千年後、サラはイスラム王朝によって再建され、シェラと呼ばれるようになる。
この遺跡は、歴史の証人として、変わりゆく時代を見守っている。

スポンサーリンク

フォローする