赤やピンクが基調のモロッコ・ラバトの絨毯

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

きれいな雑貨に囲まれるのも、美しくなる秘訣。

というわけで、今回はモロッコの絨毯のお話です。

絨毯は生活の必需品というだけでなく、お守りと幸運のシンボルでもあります。

モロッコの文化がそうであるように、絨毯もまた、ベルベルの伝統とイスラム文化の2つの側面を持っています。

モロッコの絨毯はウール製が多く、山羊やらくだの毛を混ぜて織ったものもあります。

染料としては、赤は茜やえんじ虫、黄色はモクセイソウ、青色はインディゴなど自然の草花が使われます。

織機は垂直に固定した竪機(たてばた)で、同時に何人もの人が作業することができます。

長さや目の細かさ、厚さを決めるのは横糸です。絨毯のサイズやデザインは、用途や敷く場所により異なり、品質の良し悪しは、縦糸と横糸の使われている分量、パイルの結ばれる細かさ、模様の緻密さでわかります。

都市部の絨毯はオリエンタルの影響が強くでていて18世紀頃から、色鮮やかな洗練された絨毯が製造されるようになりました。

都市で絨毯が根づいたのはラバトで、伝説によると、ペルシャから飛来してきたコウノトリが、ラバトの民家の中庭に絨毯の破片を落とし、女性たちがそれらを集めて作り直したのがはじまりといわれています。

言い伝えからもわかるとおり、ラバトの絨毯はペルシャの影響を受けていて、織り方は比較的新しく、毛足の短いビロードで非常に細かく織り上げていきます。

クッバと呼ばれる円形や六角形、星の図柄を中心部にあしらい、その周りを幾何学模様やカラフルな帯状の花柄の模様を広げていきます。

一番外側の部分は、花や動物、トルコ風の幾何学模様をアレンジした幅広の帯を3~7重に取り巻きます。

ラバトの伝統的な絨毯は、赤やピンクを基調としていますが、最近では、青などの多彩な色を使ったモダンなタイプも製造されています。

ラバトのメディナで、絨毯のお店めぐりをしました。

さまざまな製品を広げてくれたのですが、いずれも目の覚めるような色彩で、模様も凝っています。

できることなら全部買いたかったのですが、迷った末、2畳ほどの大きさの絨毯を3枚購入。

値段交渉は地元の知人に任せたので、3枚で1200F(フランスフラン)。日本円にして2万6千円ほどでした。

ラバトに近い都市カサブランカのカーペットは、中央部分に八角形や十字の模様を数多くあしらいます。
このデザインは、16世紀頃のアンダルシアのカーペットに見られ、ベルベル文化の影響も受けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク