イスラム庭園1:パティオ祭り (コルドバ)

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

イスラム式庭園は人を癒す優しさにあふれ、心と体の美の基本がそこにあるように思います。

私はイスラム式庭園が好きです。

何回かにわたって、イスラム庭園について書いたものを紹介します。
1回目は、スペインのコルドバ、パティオ祭り。


「オラー!」 唯一知っているスペイン語で、「こんにちは!」の挨拶をしながら、見も知らぬ個人宅へ入っていく。
今自分が立っているのは、鉄柵ごしに見えていた秘密の花園。目の前の可憐な光景に、全く言葉を失ってしまう。
決して広くはないけれど、色鮮やかな花に包まれたパティオ(中庭)は、まさに地上の楽園だ。

5月初めに開催されるコルドバのパティオ祭りは、優秀な中庭を選ぶコンクール。
46ほどの家庭が「伝統建築の部」か「モダン建築の部」のいずれかにエントリーし、自慢の中庭を競い合う。
1981年に始まったこの祭りは、コルドバの春の人気イベントで、観光客もたくさん訪れる。
この期間中に限り、コンクールに参加する地元の中庭が一般公開されるからだ。

中庭見学の中心は、白壁の家が並ぶラ・フデーリア地域。
観光案内所やホテルで手に入れた地図をたよりに歩くのだが、この辺りの道は迷路のように入り組んでいて、ぐるぐる回ってしまうことも。
初夏の日差しは強く、目的地につくころにはグッタリ。
でも、花の宝石をちりばめたパティオにたたずむと、疲れなど一瞬にして吹き飛んでしまう。

コルドバのパティオは、中庭を囲む白い壁に、青、緑、赤などで統一した小さな植木鉢を無数に飾るのが特徴だ。
カラフルな植木鉢に植えてあるのは、ゼラニウム、カーネーション、バラ。
花びらのピンクや赤、葉の緑、そして鉢の色が、エキゾチックで魅惑的なモザイク模様を描く。
イスラム圏で見るタイル装飾が、生の植物で再現されているのだ。

アンダルシアにはじめて中庭を伝えたのはローマ人といわれるが、パティオの起源は、8世紀に入ってきたイスラム文明の影響を受けている。
アンダルシアの語源も、al-Andalusというアラブ語に由来する。

勢力争いに破れ、バクダッドを追われたアブド=アッラフマーン1世は、北アフリカを経由してイベリア半島に上陸し、コルドバを都に後ウマイヤ朝を開いた。
王は、故郷を懐かしみ、東方イスラム文化を積極的に摂取し、この地でヒスパノ・モレスク文化を成熟させていく。
このヒスパノ・モレスク文化は、海を隔てた北アフリカにも波及していった。

東方イスラムでは、厚い壁と柱廊を巡らした邸宅に、噴水や泉を設けた中庭を造った。
タイルをアラベスク模様に敷きつめた床。細く長い池にこぼれ落ちる水。
数は少なめだが、ところどころに置いた鉢植え。水と緑が調和した中庭は、清涼感にあふれていた。

このイスラム庭園が、イベリア半島の文化と融合し、ヒスパノ・モレスク独特のパティオが発達していく。
この伝統は、宗教が変わり、時代が変わっても、廃れることはなかった。
コルドバのパティオは、今でも住民に愛され、大切に受け継がれている。

パティオは家族の憩いの場であり、隣近所の人たちとのコミュニケーションの場だ。
来訪者を迎えてくれるのは、少し寡黙なアンダルシアの女性たち。
たとえ言葉をかわさなくても、丹精こめて作り上げたパティオを見れば、彼女たちの愛情深さを感じることができる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク