アルガンオイルやガスールの全身パックで美肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

電子書籍
モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ
 アルガンオイルとガスールの使い方」  400円

アルガンオイルとガスールの2つを使ったパックやスクラブなど、1回で使い切る手作りコスメを紹介します。簡単な手作りコスメで、おうち時間を楽しみ、美しく!

ボディパックで全身潤い肌に

モロッコ女性と美容の話になると、必ずといっていいほど全身パックが出てきます。

垢すり、スクラブやゴマージュの後は全身パック。

彼女たちにとって、全身パックは日常的なお手入れのようです。

パック剤としては、ヘナ(ヘンナ)ガスールに、ローズウォーターオレンジフラワーウォーターなどのフラワーウォーター、オイルなどを加えたものがポピュラーです。

先日会った女性は、「ヘンナとクローブオリーブを混ぜて全身パックにする」と教えてくれました。

このヘンナとクローブのパックは、子宮の強壮に効果があるとか。
足の裏にたっぷりつけ、しばらくおくといいそうです。

妊娠線やお腹のシワやシミもしっかりケアを。

スポンサーリンク

アルガンオイルの全身パック

アルガンオイルを全身にぬり、30分そのままにして、シャワーで流します。
シャワー前のパックなので、ベタベタが苦手な人にもおすすめです。

スイートアーモンドオイルとブレンドしてもOK。

アルガンオイルとスイートアーモンドオイルを同量、ガラス瓶に入れて混ぜ合わせます。
入浴前に全身にぬり、30分そのままにして、シャワーで流します。

バラとオレンジ花のボディローション

乾燥した肌をうるおすだけでなく、疲れやストレスも癒す、手作りボディローションです。

血行を促進し、疲れを癒して免疫力を高める効果が期待できるモロッコの入浴剤の作り方。ラベンダーとローズマリー、アルガンオイルは、血行を良くする作用があるといわれています。ラベンダーとローズマリーの香りでリラックスし、アルガンオイルで肌がしっとり。

ホップのボディローション

肌を引き締め、なめらかにします。

モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。肌をなめらかにし、リラックス効果も期待できる、ホップとビネガーのボディローション。ホップは、細胞を再生する働きがあり、キメを整えるだけでなく、緊張を和らげる作用でも知られています。入浴後のお手入れに。

お腹のシワにアボカドとアルガンオイルのパック

電子書籍『モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ アルガンオイルとガスールの使い方』で紹介

お腹のシワ対策のバラの花びらオイル

バラを使った、疲れを解消し、元気に回復する効果もあるマッサージオイルです。サンダルウッドの精油は、保湿効果があるといわれています。

モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。お腹のシワを目立たなくする、バラの花びら(ローズレッドペタル)とスイートアーモンドオイル、サンダルウッドの精油のマッサージオイル。バラの香りのオイルは、疲れを癒し、元気に回復する効果も期待できます。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、アーモンドパウダー、シュガー、レモン、オートミールを材料にした、古い角質や汚れを落とすスクラブの紹介です。頭のてっぺんから足の爪先までキレイになる、基本の垢すりに加え、ゴマージュも大切。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの伝統的なサボンノワール(黒石けん)を材料にしたスキンケアを紹介。オリーブオイルと黒オリーブの実が主原料のクリーム状石けんは、ヨーロッパで注目されています。垢すり、ガスールパック、全身パックなど。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。コーヒーの出がらしを材料にしたスリミングと美肌効果のあるボディスクラブを紹介します。クローブやシナモン、バラ、アルガンオイルを加えたゴマージュで引きしまったボディに。アラブ地域で発達したコーヒー文化についても。
スポンサーリンク

フォローする