シナモン:血液循環を促進しスリミングに効果が

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

電子書籍
モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ
 アルガンオイルとガスールの使い方」  400円

アルガンオイルとガスールの2つを使ったパックやスクラブなど、1回で使い切る手作りコスメを紹介します。

簡単な手作りコスメで、おうち時間を楽しみ、美しく!

シナモンは、古代エジプトでミイラの防腐剤として使われるなど、太古の昔からその存在が知られていました。

現在でも、インドやセイロンで栽培されるシナモンが最高級品といわれています。

シナモンは、樹皮を採取し、乾燥させたものが使用されます。

「スパイスの王」と呼ばれるシナモンは、料理や飲み物によく使われます。

モロッコお菓子のなかには簡単に手作りできるものがあります。一番人気なのが、アーモンドペースト入りの三角形の揚げ菓子ブリワット。ブリックという皮を使いますが、春巻の皮で代用できます。モロッコのマカロンはアーモンドたっぷりで昔懐かしい素朴な味。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。乾燥が激しいモロッコには、乾燥肌をしっとり潤す保湿スキンケアが数多くそろっています。おなじみの果物メロンもで大活躍。メロンと牛乳のローション、メロン果肉のパック、メロンジュースなどスキンケアを紹介。

お香としても使用され、古代エジプトの薫香「キフィ(Kyphi)」にも、シナモンが含まれています。

現在でも、香水の原料として欠かせません。

モロッコで欠かせないスパイス、クローブは、大昔から香水の原料として使われてきました。クローブの香水は、自分だけでなく、周囲の人たちの意識を覚醒させる働きがあるといわれています。ナツメグ、ショウガ、シナモンも加えたエキゾチックな香りです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。制汗、消臭、殺菌といった作用があるミョウバンを材料にした、手作りデオドラントの紹介です。モロッコの女性たちは、粉末のミョウバンに香りのハーブやスパイスを加えます。ミョウバンには恋愛運をアップするパワーも! 
スポンサーリンク

シナモンの美容効果

美容の面では、血液の循環を促進する作用があり、血行をよくします。

その特性から、痩せる効果も高いといわれています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。コーヒーの出がらしを材料にしたスリミングと美肌効果のあるボディスクラブを紹介します。クローブやシナモン、バラ、アルガンオイルを加えたゴマージュで引きしまったボディに。アラブ地域で発達したコーヒー文化についても。

クレオパトラは、足のお手入れ用にネロリヘナ、シナモンをスイートアーモンドオイルに混ぜた特製ブレンドオイルを使っていたといいます。

古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

ボディケアでは、スクラブなどに適しています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、アーモンドパウダー、シュガー、レモン、オートミールを材料にした、古い角質や汚れを落とすスクラブの紹介です。頭のてっぺんから足の爪先までキレイになる、基本の垢すりに加え、ゴマージュも大切。

また、口臭を防ぐ働きでも知られ、アラブの一部の地域では、女性がシナモンスティックを歯の間につめて香りづけする習慣があったそうです。

アラブのアイメイク「コホル」は、アンチモンの粉末にスパイスやナッツ類を混ぜて手作りして使われることもあり、これにもシナモンが用いられます。

アラブ地域のアイメイクは、くっきり引いた黒のアイラインが特徴。メイクアイテムは「コホル」と呼ばれる黒い粉アンチモンで、細い棒につけて、アイライナー&マスカラとして使います。目のトラブルの薬効もあり、古代エジプトではアイブラックの目的で用いたそう。

シナモンの効能

シナモンにはさまざまな薬効があり、身近なところでは、風邪や流感のときに用いられます。

ウィルスに感染するのを予防し、自然治癒力を高め、身体を守ってくれます。

ショウガと同様、シナモンは吐き気にも効くといわれています。

シナモンの特徴

特徴
10mにも達する常緑樹。

原産および生息地
インドやセイロンが原産といわれる。


学名:Cinnamomum verum
科名:クスノキ科
使用部位:樹脂


スポンサーリンク

フォローする