ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

電子書籍
モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ
 アルガンオイルとガスールの使い方」  400円

アルガンオイルとガスールの2つを使ったパックやスクラブなど、1回で使い切る手作りコスメを紹介します。

簡単な手作りコスメで、おうち時間を楽しみ、美しく!

繊細な香りの美しいバラは、古代から「花の女王」と呼ばれて愛されつづけてきました。

ハーブとして用いられるのは、ロザ・ガリカ(Rosa gallica)の交雑でえられたダマスクスローズ(ロサ・ダマスケナ)とセンティフォリアローズ(ロサ・ケンティフォリア)です。

モロッコは、ダマスクスローズとローザ・センティフォリアの生産地として有名で、ローズの精油の最大の供給地でもあります。

モロッコ南部、ワルザザートのエル・ケラア・ムグナでは、毎年5月上旬にバラ祭りが開催されます。

バラは太古の昔から、美容や健康に用いられてきました。

アラブの女性たちは、古代から、薬草を漬けた植物油を上手に使い、美しさを保ってきました。

古代エジプトのクレオパトラも、バラにまつわる逸話を数多く残しています。

クレオパトラは、バラとスミレの香りを加えたスイートアーモンドオイルがお気に入りで、入浴後、このオイルでマッサージをしていたといいます。

古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

ローズを煎じたり、精油を抽出してできたりするローズウォーターも、アラブ地域では昔から使われていました。

『千一夜物語』にも、ローズウォーターが登場します。

モロッコ美容の手作りコスメ!中東の代表的な物語アラビアンナイト(千一夜物語)では、スーク(市場)に並ぶアーモンドやヘンナ、さまざまな芳香植物やムスクやサフランの香り、蒸気風呂ハマムの習慣など、豊かで贅沢なイスラムの美容文化が語られています。

また、モロッコなどでは、ローズウォーターをさまざまな形で日常に用いています。

美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。

ローズウォーターは食用として販売されていて、料理や飲み物に入れたりします。

お茶はアラブ地域の重要な文化。昔からハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。ハーブティーは身体の不調だけでなく、精神のバランスを整える働きがあります。モロッコで人気の美と健康にいいお茶を紹介。
スポンサーリンク

ローズの美容効果

バラは美容においても重要な植物で、クリーム、ローション、パック、オードトワレなど、幅広く使用されています。

保湿効果が高く、肌の質を改善し、きめの細かい素肌を作ります。

美容大国モロッコのアルガンオイルとローズウォーターを使ったフェイスローションの作り方。混ぜるだけで簡単。保湿効果が高く、乾燥を防ぐ化粧水です。うるおいのある、若々しい素肌を保ち、エイジングケアにも適しています。ボディーローションとして全身ケアにも。

収れん作用があるバラは、敏感肌や傷んだ肌に適しています。

美容大国モロッコに学ぶ、牛乳とバラの花びらの手作りクレンジングです。カゼインや酵素を含む牛乳は、古い角質を取り除く働きがあり、バラはキメを整えて保湿力をアップするといわれています。敏感肌やダメージ肌の改善も期待でき、なめらかで透明感のある肌に。
美容大国モロッコの乳製品を使った手作りクレンジングのレシピです。ベタつく肌におすすめのスキムミルクとラベンダー、バラの拭き取りローション。毛穴の汚れと古い角質をさっぱり落として、もっちりツル肌に。敏感肌やダメージ肌にもやさしい化粧水です。
美容大国モロッコに学ぶヨーグルトを使ったメイク落としクレンジングミルクです。乳酸菌はピーリング効果があるといわれ、古い角質や毛穴の汚れ落としに向いています。スイートアーモンドオイルとローズウォーターを加えたマイルドな拭き取りローションです。
米ぬかを使ったモロッコ美容の手作りコスメの紹介です。米ぬかをローズウォーターに混ぜた手軽なパック。米ぬかは、肌のバリア機能となる米ぬかセラミドや、保湿作用のあるオリザブランなどを含み、ローズウォーターは皮膚細胞再生など美容効果にすぐれています。
美肌とアンチエイジング効果が期待されている酵母。モロッコ美容では、ビール酵母をパックに使います。ビール酵母とローズウォーターのパックは、くすみのない透明な肌を作る働きがあるといわれています。汚れを落とし、過剰な皮脂腺分泌物を取り除きます。
オイリー肌を改善するモロッコ美容の手作りコスメの紹介です。皮脂と水分の量を調整する作用がある亜麻の種子(フラックスシード)と、皮膚細胞を再生させる働きがあるローズウォーターのパックです。テカりとベタつきを抑え、きめ細やかな肌を作ります。

しみやしわを予防する、アンチエイジング効果も期待できます。

シミ・ソバカス対策のモロッコ美容の手作りコスメの紹介です。ブドウを発酵させるとワインができますが、その発酵液にローズウォーターを混ぜ合わせると、シミを目立たなくさせる美容液になります。白ブドウの美容液のエイジングケアで透明感のある肌に。
美容大国モロッコの手作りコスメのレシピ。シワを目立たなくする、卵白とイチゴ、ローズウォーターで作る、イチゴショートケーキ風のパックです。シワの原因となる乾燥を防ぐ、保湿効果が高いパックです。イチゴのエイジングケアで、若々しい肌を保ちましょう。

リップやボディケアとしても向いています。

モロッコ美容の手作りリップクリームの紹介です。スイートアーモンドオイル、ローズウォター、はちみつ、蜜蝋で作る、本格的なリップバーム。作り方は簡単です。毎日のお手入れはもちろん、乾燥してひび割れた唇もなめらかに修復する効果が期待できます。
モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。コーヒーの出がらしに、バラの花びら(ローズレッドペタル)とアルガンオイルを加えた、ボディスクラブ。古い角質と汚れを取り除き、うるおいのあるなめらかな肌にする効果が期待できます。バラの香りでリラックスも。
モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。アーモンドパウダーとオートミールに、クローブやナツメグ、柑橘系の果皮、ローズレッドペタルといったスパイスなどをミックスしたボディスクラブ。エキゾチックな香りに包まれて、心身ともに癒されてリフレッシュを。
モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。お腹のシワを目立たなくする、バラの花びら(ローズレッドペタル)とスイートアーモンドオイル、サンダルウッドの精油のマッサージオイル。バラの香りのオイルは、疲れを癒し、元気に回復する効果も期待できます。
モロッコはバラの産地。かぐわしいバラとラベンダーの入浴剤は、心身をリラックスさせ、美肌作りも。ドライハーブを煎じるだけ。バラは保湿効果が高く、ラベンダーは皮膚細胞を引き締める作用があります。お風呂は免疫力を高めるといい、コロナ疲れの軽減にも。
肌をうるおし、疲れやストレスも癒す、バラかオレンジの花のボディローションの作り方です。ローズウォーターかオレンジフラワーウォーターを使っても。バラは明るい気持ちを取り戻し、オレンジの花は心身のリラックス作用で知られます。お風呂上りや気分転換に。
ハマムで知られるモロッコ美容の入浴ボディケアの紹介です。入浴後の上がり湯に使う、バラの香りの手作りボディリンス。バラの花びらをスイートアーモンドオイルに漬けて作ります。薫り高いボディリンスは、心と身体をリラックスする効果も期待できます。

バラの精油は、シャネルの5番など多くの香水に配合されています。

非常に高価で、1リットルで1万~2万ユーロ(10~20万円以上)するといわれています。

美容大国モロッコでは、香りはマストアイテム。毎日使う香水もハーブなどを使って手作りすることができます。バラの花びら(ローズレッドペタル)をウォッカにつけたローズチンキは、オードトワレに。優雅なバラの香りは、疲れた心を癒すリラックス効果も。
モロッコ美容の手作りオードトワレの紹介です。オレンジ、ローズマリー、ラベンダー、バラ、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターを使った、贅沢なオートトワレです。フルーティで爽やかな香りで、心身の疲れを癒し、リラックス効果も期待できます。

ローズの効能

ローズは、月経前のイライラや月経痛、更年期の不快な症状を緩和する働きがあるといわれています。

鎮静作用でも知られ、憂うつな気分を和らげ、明るい気持ちにしてくれます。

また、胃腸の働きを整えるともいわれています。

ローズの特徴

ダマスクスローズやローザ・センティフォリアは落葉性低木。茎に刺と強い剛毛があり、葉は羽状で、ピンクの花をつけます。

原産と生息地
中東が原産で、12世紀に十字軍がヨーロッパにもたらしました。フランス、ギリシャ、スペイン、トルコ、モロッコなどで商業用に栽培されています。


学名:Rosa × damascena、Rosa × centifolia
科名:バラ科
使用部位:花びら、つぼみ
開花時期:5月~7月
収穫時期:開花中


スポンサーリンク

フォローする